妖怪アパートの幽雅な日常 16話「十五夜お月様見て跳ねる」を釘宮ファン視点で観ていく

あらすじ 時間が流れ秋になり、名月の日に餅つきを始める妖怪アパートの住人達。 月見には秋音の師匠・藤之先生と、バイト先である妖怪病院の患者達もやって来るという。 この病院は末期患者やホームレスが入院する為、まずこの病院で生涯を終える。 患者の病状が表には出ない為か、世間では入ったら生きて出てこれない呪いの病院のごとく扱われてるとの事。なお、この病院には妖怪病院の通称通り人外も働いてい…

続きを読む

スポンサーリンク