デュエル・マスターズ第2話を釘宮ファン視点で見ていく

まずは簡単な話の流れ。

デッキーの能力で、ジョーのイラストから生み出されたカード『ジョーカーズ』。そして、ジョーカーズの中の一つである『ジョリー・ザ・ジョニー』と共に新たなる日々が始まる。遅刻しそうなジョーは新たにカードを描きはじめ、描いたクリーチャーで登校。その姿を見たうさぎ団はジョーを追い、この見た事無いカードをレアカードとし、奪おうとするも失敗。その後うさぎ団はジョーの自宅で経営している喫茶店でバイトをし、隙を見てレアカードを奪う事を考える。しかし、それでも上手く行かない為、ラビット大佐がジョーとデュエルしアンティで奪うという手段に出るが激闘の末敗北し失敗。以降再び喫茶でバイトしつつ、レアカードを奪う隙を伺っている。


デュエマは漫画もTCGも最初期に見ていただけの為、今のはさっぱりです。
漫画は悪役そのもので描かれていたDrルートが次号で超良い人になって主人公を治療してたのが記憶に強く残ってて、OCGの方は渾沌の獅子デスライガーやボルシャックドラゴンがレアカードの代表格になっていた時期に買っていたくらい。


CV釘宮のぴょんこ姫はリーダーキャラなのか、それとも取り巻きなのか


このキャラについて簡単に書くと、
レアカード収集を目的とした3人組の一人でポジションは悪では無いギャグ敵。
ようはロケット団やドロンボー一味みたいなもの。

名前に姫とついてるし、本来なら中間管理職に過ぎない大佐よりは王族を指す事が多い姫の方が格が上の事が多いので、そうだと踏んでずっと3人組のリーダーだと思っていたが、感想サイトによってはラビット大佐がリーダーと見ているとこもあった。

一応公式HPのキャラ紹介では一番手前に描かれており、キャスト表記も公式HPとEDクレジット共に一番上に描かれているから、メタ的には一番扱いが上だと思われるが、
決め台詞のとこでは中央がラビット大佐で描かれてるし、キャラ設定的には大佐が一番上なのか…?

出番は本編半分以上は出ている為多いが、初登場だからというだけかもしれない。



デュエルは今回はせず強さは今の時点ではなんとも予測できない。先鋒で実力見せなかった所を見ると大佐より強い可能性も十分あるが、
前述の通り大佐の方が3人組の中でトップだとしたら、実は超雑魚でネタでかき回してそれで終了パターンも十分ありえる。キャラ自体が底の見えない感じじゃないし…。
仮に強いとしても、「あくまで大佐よりは強い」レベルで収まりそう。

それにこの手のキャラって本編のシリアス化が続いたら、バックに黒幕系シリアス悪役が出てそいつに良いようにこき使われたり、脅されて傀儡にされたりという立ち位置に堕ちるパターンが多いし…

くぎみーは1年間くらい前までは作中最強候補とか黒幕候補ばかりなのに、なんで最近は急に設定の弱い役ばかりやるようになったんだ?


スポンサーリンク

この記事へのコメント

スポンサーリンク