『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』#17「Virgin Souls」を釘宮ファン視点で視ていく

あらすじ

神の国を抜け出したエル、ニーナ、バッカスは、
バレバレな変装で街を歩いていたところカイザルを救出したリタとファバロと合流する。

そして、街へと情報収集に繰り出したニーナは、
変装したシャリオス17世と再び出会うことになるが、シャリオスにはバレバレ。


しかし、シャリオスは一応気づいてないふりしてニーナに悪魔達のいるスラムを案内させる。
無論ニーナもシャリオスに自身の正体がバレていた事は気付いていたものの、その場のノリでつい案内役を買ってしまう。

スラムを歩いていく中で以外にも悪魔の子供たちに優しく振舞うシャリオスの一面が見られ、その姿を見たニーナは冷徹なシャリオスと今回のシャリオスはどっちが本当の顔なのかわからないと問う。

そしてシャリオス曰く、悪魔や神に敵対心を持つような冷徹な振る舞いをする王としての姿が偽りだとの事。

その後、ニーナは竜化のコントロールが何故か出来るようになり、自分の意思で竜になれるようになった。

そしてニーナはシャリオスを背中に乗せて真夜中の空を飛び回り楽しむことに。
しかし、赤い竜とシャリオスが仲良く飛び回ってた姿はばっちりと漆黒兵達に拝見されてたようで…

 

釘宮さんの出番と感想


シャリオスメイン回な為、前半に2~3言喋っただけ。
釘宮さんの台詞だけだと他に語る事が無いので、
以下エル絡みの感想。



シャリオスが急に善人キャラみたいになったのが衝撃過ぎてあまり話題にされてないが、
エルもムガロ時代からの変貌ぶりが半端ない。

せっかく外に出られたのに、相変わらず軟禁時のような気が沈んだ状態が続いている。まあバッカスに力づくの行動はさせないと言われてるからなんだろうけど…

ムガロ時代の人当たりの良さも無くなりカイザルにはそっぽを向ける有様。…これも前述の理由での気の沈みと、カイザルがアザゼルの憎んでる人間だからという理由もあるのかもしれないが。

そして時折顔を上げたかと思えば世界を救うのは自分だと繰り返し主張をし続ける状態で、リタには「少し見ない内に生意気になった」と言われている。

うーん、より一層エルが今一度痛い目を見るフラグっぽくなってきてますね…。

先々週の時は2回も痛い目見る展開にするのかと思ったものだけど。
スポンサーリンク

この記事へのコメント

スポンサーリンク