妖怪アパートの幽雅な日常 第9話 「新学期」を釘宮ファン視点で視ていく


あらすじ

夕士はいよいよ高校2年になり新学期が始まる。

学校内では日常パートでの代表的レギュラーキャラの女友達田代に加えて、
取り巻きの二人垣内結衣、桜庭桜子が登場。
女友達3人と仲良くする姿を見て、男子生徒のモブが嫉妬の目を向ける。

そして、教師側に新任の三浦先生が登場。

夕士の台詞によれば設定上は新人らしく20代設定らしい。
ただ、視聴者視点で言わせて貰えば、若く見積もっても30代後半くらいに見えるビジュアル。

夕士の最初の印象はソツなくこなす教師でとっつきにくいとされており、
放課後の目つきを見た際は、ついつい殴りたくなる目つきと心の中で毒づかれ、怪しい雰囲気を出している。

その後、季節が流れたある日、
夕士は同じくアパートに来ていた長谷と共に、
アパートの住人達の武勇伝を聞かされる。

仕事でカルト宗教の逮捕に協力する際に犯人側が自爆して、人質以外は全滅したとか、
ファンに刺されかけたとか、マシンガンで撃たれたと言った物騒な話を笑い話で語る龍、一色、深瀬、古本屋に対して夕士はドン引き状態。

その日の夜、アパートに妖怪・又十郎がやってくる。

普段は熊野の結界の貼られている隠れ里に住んでいるが、
たまにアパートに差し入れを持ってくるらしい。

自然の中で暮らすという又十郎の話を聞いた事で、夕士は本当は自分達より、
又十郎のような環境で暮らす者の方が実は豊かなのではないかと感じる。

後日、田代から「お化けが出る」という話を聞かされた所で本編終了。

その他補足
・今回のモテモテ夕士に対するモブ男二人の嫉妬の眼差しはフラグらしい。

・漫画版4巻では登校中の所で恵理子と再会するがアニメではカット。尺の問題か、声優のギャラ払いたくないのが理由かは不明。


釘宮さんの出番


クリの吐息が入った程度。

その他感想


この回の夕士が唐突に龍に対し憧れ、古本屋に対してお互い毒づき合い
する関係になってたのが凄い違和感感じましたが、
これどこかでエピソードが省かれたせいなのか、原作でも唐突にこうなるのか気になります。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

スポンサーリンク