コンビニカレシ 11話 如月を釘宮ファン視点で観ていく

あらすじ

病院に運び込まれるも安否はすぐにわからず、

心配する三島を気遣い本田は三島の家に泊まり込む事に。

翌日三島は病院に行くとみはるの母親に会い、みはるにも会う。

みはるは眠っているが一般病棟なので大丈夫そう。

母親によればみはるは元々心臓病を患っており、夏が来る前に手術をするはずだったが、
みはる自身の意思で先延ばししていたという。

その後も三島はみはるの元へ通いつめ、
本田や真珠も時間を見つけ見舞いに行く。
そして三島は明確にみはるが好きな事を自覚する。

その後も三島はみはるの見舞いをかかさず、ある日みはるは無事目覚める。

少し永眠展開を心配したが、
良くも悪くもドロドロしたものや過度な意外性を見せない作品なので、そこまでの心配は無用だったようだ。

そして告白は次回へ持ち越し。


 

釘宮さんの出番

今までで一番台詞は少ないと思います。

さすがに本田との恋愛話が片付いたので、三島みはるペアのサポートに徹しています、


スポンサーリンク

この記事へのコメント

スポンサーリンク