宝石の国 第1話 「フォスフォフィライト」を釘宮ファン視点で観ていく


あらすじ

宝石フォスフォフィライトは、硬度三半と脆い上に靭性も弱いため戦闘に向かない。

また、戦闘は元より他の仕事の適性もないらしい。

しかし、態度だけは無駄にでかい。

そんなフォスに対し、僧侶のような外見をした「先生」から「博物誌編纂」という初めての仕事が与えられる。

その仕事を進める為にシンシャに強力を求めようとするも、シンシャは毒をまき散らす為周囲から近寄り固い雰囲気があるらしい。

その日の昼、フォスはシンシャに偶然会うも敵に遭遇。
なんとか撃退するもシンシャの硬度は最低の2らしい。

なお、敵の出た場所は危険な所らしいがシンシャは周囲から避けられがちな事を気にし自暴自棄になり襲われるのを待ってると呟く。

しかし、先日の一件でシンシャに気を持ったフォスはなんとか彼女の自暴自棄な状態を治そうと、自分の仕事の手伝いを頼むも断られる。

感想

女ぽい振る舞いをしたり、他の宝石に対し彼と呼んだりしてて性別があやふやだが、無性別設定らしい。



今回は出番なし。

元々出番が少ないキャラらしいのであまり期待しない方が良いらしい。

でも、誰かがメインと勘違いしたのかWIKIでは太字(メイン級の役を表す印)で役名が書かれてるようですけど。




スポンサーリンク

この記事へのコメント

スポンサーリンク