食戟のソーマ餐ノ更 11話「食卓の白騎士」を釘宮ファン視点で観ていく

あらすじ

黒木場の勝利により、セントラルに一矢報いる事が出来たが、

他のモブ達が弱すぎるせいで、勝ち数はセントラルの圧勝になる。

しかし、この一矢が薊にとっては気に食わないらしく、連太郎達に怒りを向けていた。


その後、敗北した団体は解体され、拒もうとした者は物理的に痛めつけられたりしていた。


さらに授業でも薊政権の方針に沿わない講師は降ろされたらしく、

代理講師として十傑一席の司が担当する事になっていた。


そして、やはりというか創真は助手として立候補する。

司の素早い指示をきっちりこなした事で司に気に入られ助手になるよう勧誘するも、

助手という立場では自分の料理が作れなくなるという事で拒む。

しかし、どうしても創真を引き入れたい司は、創真が「先輩は俺の料理を一度も食べてない、俺の方が実力は上かもしれない」と言った事で、では料理勝負を持ち掛け(食戟とは言っていない)その流れでさりげなく負けたら自分の助手になれと敗北時のペナルティを要求する。さらに第一席の座を勝利報酬として提示した事で、創真はようやく腰を上げ勝負を受ける。


補足

原作では薊が連太郎敗北のタイミングで出てきて、一敗した事で薊が激おこになり連太郎を咎め、連太郎が恐怖し、メアが言い訳するも睨まれメアも恐怖し、モブ秘書に擁護された事でようやく怒りを収める場面があるが、そこは丸々カットし、
薊自ら「1敗しただけで後は全部圧勝だから問題ない」と前向きかつ寛容な態度をとる場面に変更。

また、黒木場VS連太郎における黒木場ギリギリ勝利発言もアニメではカットで黒木場の後の格下げを防いだ。

他、司戦におけるギャラリーが秘書子とえりなだけでなくアニメでは田所も追加。


 

釘宮さんの出番


11話の予告カットももが映っており、アニオリでももの台詞が入るかと思ったらそんな事は無く台詞自体無し。

次回も喋らせるのは難しいので、どうやら先週が最後の出番と見た方がいいようです。

やっぱり今回の釘宮さんの扱いもいつもの明田川仁待遇で終わったようですね……
スポンサーリンク

この記事へのコメント

スポンサーリンク