戦刻ナイトブラッド10話「確執ターミナス」を釘宮ファン視点で観ていく

あらすじ

復興があらかた完了した事で、秀吉はついに単身織田軍へ乗り込む。

織田と秀吉は元々共に天下統一を目指していた仲だったが、ある出来事をきっかけに対立する事になったという。

信長の真の目的は他軍を潰す為に動いてる訳では無く、厄魔を討伐目的としてここまで事を動かしていたらしい。

おそらく秀吉が単独で話し合いに来るのも読んでいたと思われ、

結月を捕まえたのも豊臣軍を味方につけて、真の敵である厄魔を討伐する方へ持っていく為と思われる。

無事に協力体制をとる事に成功した信長は結月を秀吉に返す。

対厄魔の準備を進めていく中、一際強大な厄魔が動き出していた。

 


釘宮さんの出番

今回は信長と秀吉の回想メインな為、普段よりは若干台詞少なめ。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

スポンサーリンク