釘宮さんを冷遇もしくは癖のある使い方をする人物、作品、制作会社等まとめ

釘宮理恵さんを癖のある使い方をする人物、作品、制作会社等をまとめていきます。

川瀬浩平

プロデューサーでありながら何故か髙く幅広い権限を持っている人物。

特定のネタを作中でくどいくらい何度も繰り返し、また過剰な悪乗りが多い。

これが受けるパターンと受けないパターンがあり、たまに好評な時もあるが、

当然不評な時も多々ある。

WIXOSSで言うなら好評とされていたのはあきらっきーネタで、

不評とされているのはlostprageにおける清衣の優遇(最初は好評だったが、旧キャラの中で一人だけ続投されたり、

2クール目ではキャスト最上段にくるなどやりすぎた事で今はくどすぎるという声の方が大きくなっている)やセレクターシリーズの円盤における特典映像での悪乗りギャグ。

そして釘宮さん絡みでは

乃木坂春香のアリスギャラ泥棒騒動という炎上寸前の事態を起こしている。

ただし、この一件を除けば、

彼が関わってる作品で回される役自体はウリスのようなラスボス役を初めとして結構良いものが多い。
後述の明田川とセットになった食戟のソーマの扱いは良くないが…

明田川仁

かつては釘宮さんをいくつもの作品でメイン級で起用した人物だが今は掌返しをした人物で、

現在は釘宮さんに対し1~3話程度しか登場せず、役割も一発ネタみたいな役に回す事がほとんどで扱いは非常に悪い。

例としてはナナコナ(魔法陣グルグル、出番1話分)、茜ヶ久保もも(食戟のソーマ、3期では出番二話分のみ。原作でかませ役確定)、没キャラ(キルミーベイベー、出番3話程度)

また、世代を理由に掌返しをした割には与える役柄自体は甲高い声質(テンプレツンデレ声とも言う)で一昔前にやってたような古臭い役しか回さない。

とにかく釘宮さんの出演情報があった際にその作品の音響がこの人だったら、まず良い扱いはされないと覚悟しておいた方が良い。

ただし、ノーゲーム・ノーライフのテトという例外はあり。

こちらも出番は多くないが、それを考慮してもラスボス候補で作中屈指の実力者という役割なだけで、正直異例とも言える扱い。

出番の少なさだけ見て彼女を起用したのか、それともここから原作で情けないキャラに変貌する予定でもあるとかなんだろうか…?

アニメポケモンシリーズ

制作関係者のどの人物が原因なのかは不明だが、

アニメ本編では1話限りのゲストでアニオリの人間のみ、

映画版では重要ポジションのポケモン役という縛りの元でしかキャスティングしない模様。

また、次の起用までの間隔も年単位で空けている。

原作ゲームの登場人物役には配役されないと思った方が良い。

シャフト

ほぼ1~2話限定のゲストでしか起用しない。

というかここ数年は全くと言っていい程起用されない。

ただし、役柄は色々なタイプの役を回す部分もあり、

例のツンデレブームの時は、他の作品が釘宮ブランドとして似たような演技と役柄を揃って配役するなかで、

ここだけ悪役おばさんや戦闘狂京都人や素直系妹など良い意味で時代に流されない配役をしている。

ただ、これらの傾向がどの人物によって成り立っているかは不明。

神戸洋行

放送数か月前に役名伏せて釘宮さんが出るという情報を出し、

いざ放送開始で蓋を開けたらモブ役だったという、

酷い釣りと詐欺で釘宮ファンの怒りを買った「俺ツインテールになります」の監督。

「俺の妹がこんなにかわいいわけがない」でも1回きりのゲストで使ってたので、

おそらく彼は釘宮さんをまともに扱う気が無い可能性が高く、

この名前が出てきたら覚悟をしておいた方が良いかもしれません。

京都アニメーション

まず釘宮さんを起用しないであろうアニメ制作会社。

釘宮さんがここで使われる可能性は、例えるなら沖縄県に大雪が降る事と同じくらい。

ただ、どの人物がこのような状況を作り出してるのかが不明。

同じような音響や監督ばかり使ってる感じもしないのに…

スポンサーリンク

この記事へのコメント

スポンサーリンク