ラブライブ!サンシャイン!! 第10話を釘宮ファン視点で観ていく

あらすじ

正月に入った事で千歌は家族全員で過ごしていた。

しかし、Aqoursメンバーでさっそく集まってラブライブに向けて準備をする模様。

その中で三年組は卒業後一人一人別の進路へ行くことが明かされる。

その後、まりは自動車を運転し、Aqoursメンバーを連れて星を見に行く。


つうかあ2話で18歳未満の女子高生が何の説明も無しに小型バスを運転してたのと異なり、

こちらのアニメではちゃんと免許取った事を説明した上での自動車運転してるようだが、免許取得したばかりなのか運転はぎこちない。

その後みんなで星をみて感動して終わり。



 


釘宮さんの出番

ついに出ました。台詞は二言程度でしたが。


ただ、ラブライブの母親キャラは基本台詞は多くなく、これが普通であるので、台詞が少なくともこの際文句は言いません。


それにしても、私としたことが正月という切り札があった事を失念してました。


家族が集まる記念日である正月であれば、
出稼ぎに行ってる母親といえども、嫌でも帰ってこざるおえないでしょう!

長々と見続けた甲斐がありました。

宝石の国 第10話「しろ」を釘宮ファン視点で観ていく

あらすじ

フォスはアレキサンドライトに月人の姿形性質を報告していた。

その後フォスはボルツにペアを組むよう言われるが本人は組みたくない模様。

悩むフォスの前に再びアンタークの幻影(?)が現れた事で、しぶしぶボルツと組む決心をする。


ペアで行動する中で現れた犬の姿の新型月人に遭遇。

かなり強い月人らしく勝てる見込みがないと撤退する(本人曰く無謀は無能がやる事)

もはや、金剛先生じゃないと太刀打ちできないらしく、

彼の処へ誘導し先生に倒させる作戦をとるが、

校内には外に出ているはずのダイヤが何故か残っていた。

最初は逃げていたダイヤだが、意を決して立ち向かうも歯が立たず割れてしまう。

それを見たボルツは「兄ちゃん」と叫び大きく取り乱す。

 

釘宮さんの出番


今回は序盤と後半でかなり喋っていて台詞は多めでもちろん全話最多。

しろ戦で、アレキの掘り下げが入るという事だけは知ってたので、

どうやらまともな出番は与えられるようで一安心。

戦刻ナイトブラッド 第9話「厄魔コリドー」を釘宮ファン視点で観ていく

あらすじ

厄魔の正体を調べていた信長は厄魔討伐の為に、

巣窟へ攻め入る。部下はもちろんとして結月まで連れていく理由を彼女は疑問にもったが、

信長曰く、結月の血が厄魔を呼び寄せてるかららしい。

散々悪評を聴かされてた事で、信長に対する警戒が今だに解けない結月だったが、

信長の真意を知った事で、自分から積極的に協力するようになる。

そして、ある日厄魔の出現トリガーは結月が出血する事だという事が判明。

しかし、この時の厄魔は普段よりも強い力を放っていて、信長たちはかなり手こずっていた模様。


 

釘宮さんの出番


いつも通り終始出番があり喋ってました。

基本的に主人公視点で話が進んでいくので出番は本当に安定してます。


スポンサーリンク