ラブライブサンシャイン 2期 2話「雨の音」を釘宮ファン視点で観ていく


あらすじ

ラブライブ予選に向けて準備を進めるAqours。

各人で分担し、アイデアも出し合うもまともなものが中々出てこなかったり意見がぶつかったりして中々話が進まない。

この原因はコミュニケーションにあると考えたダイヤは積極的にメンバー同士の親交を深めようとするも、それも中々上手くいかない。

駅で悩む中で雨が降り出してしまった為、花丸の近くにあるお寺に雨宿りする事に。

その中で停電などのトラブルがあり、なんだかんだでメンバーの心はまとまり、曲も無事に出来上がった。

感想

とりあえずミューズ(前作メンバー)の話がここまでで出てこないのは良い。

前作は過去作絡みのネタがしつこくてうんざりしてたので…

でも今度はヨハネの中二病描写がくどい気がしてきた。


釘宮さんの出番

まあ当然ながら出番は無し…


宝石の国 02話「ダイヤモンド」を釘宮ファン視点で観ていく

あらすじ


シンシャの事を引きずりつつも博物誌編纂のため聞き込みをする。

その中で最近ダイヤモンドが新しい戦い方をしている事を聞きダイヤに会いに行く。

しかしそこでダイヤと話している中で月人に襲われてしまう。

月人の攻撃を跳ね返し続けるも、顔には出さないものの分が悪いと判断したのかダイヤはフォスだけ逃がそうとする。

月人は攻撃の雨をダイヤに降らせるがそこでボルツが増援が来て撃退する。

ボルツは「新しい戦い方」をしていたダイヤを叱るが、フォスをそれを止めようとする。

が、その時再び月人が現れ、学校の方へ向かっていく。

ボルツ達は追撃していきダイヤも手助けをしようとするも、「お前にできる事はない」ときつい口調で拒絶される。

一方、フォスの所に月人が落した巨大な塊が残され、それを調べてみようとすると、
塊が粘性の化け物に姿を変え、フォスは取り込まれてしまう。

月人を倒したボルツが駆けつけるも、触れるだけで溶解する液体にはボルツが対処が楽では無く苦戦する。

感想

ボルツはメインキャラの一人らしい。

設定はかなり強いらしいにも関わらず初登場からさっそく苦戦する姿が描かれてたのはメインキャラとしての成長を描くためか?

 


釘宮さんの出番

予想通り今回も出番無し


牙狼<GARO> -VANISHING LINE- 02話「LUKE」を釘宮ファン視点で観ていく


あらすじ

元陸上の金メダリストの黒人男性はなんらかの事故で走れない体になって車椅子生活を強いられ、
自暴自棄になっていた。

そんな男の前に黒い影が現れ、走れるようにしてやるという。

恐怖で最初は拒否していた男だったが、恐怖心と自分が走れるようになりたいという思いから、
その言葉を受けいれる。

すると男は一瞬のうちに高速で走れる程になるが、食人衝動を起こすようになってしまう。

やがて黒い化け物の姿になって妻をも襲おうとするが、ソード達によって阻止される。


感想

ソードの相棒のルーク登場。見た目は悪役幹部っぽいが一応主人公の相棒で善人サイドぽい。

大まかなストーリーの流れは毎週ゲストキャラが化け物化してそれを倒すという1話完結型の流れになるのかな…?

釘宮さんの出番

序盤のゲストキャラの車いすの男とぶつかり、孤児院のシスターに夕方までに戻ると告げる所までの出番。

出番は少ないけど釘宮ファンでは無く、作品自体として見るなら正直ソフィーが絡まない方が面白いとすら感じてきたなぁ……



スポンサーリンク